海の上での釣りが好きな人や、マリンレジャーを好む人におすすめの資格が、船舶免許です。船舶免許の指す「小型船舶」とは20トン未満の船を指します。それ以外にも細かい設定があり、「長さが24メートル未満であること」や「一人で操縦を行う構造であること」などが決められているのです。加えて、船舶免許だけがあっても観光船などの運航は行うことが出来ません。

観光船などの船を運航するためには、別の資格が必要なのです。そのため小型船舶は「スポーツ又はレクリエーションのみに用いられるもの」と定められています。この条件の中で、さらに一級・二級・特殊といった船舶免許の区分が設けられているのです。一見、定義や要件が難しそうに見える免許ですが、小型船舶を操縦するために必要であるといった視点においては同じです。

制限なく海を航海したい場合は一級、5海里までの沿岸で良ければ二級の取得がおすすめと言えます。水上オートバイなどは特殊という区分になり、バス釣りなどの湖や河川での船の操縦資格は、特殊二級という区分とされていることも覚えておくと便利です。基本的には、この船舶免許を取得する方法は国家試験に合格することと言えます。試験の内容は大きく分けて3つあり、身体検査・学科試験・実技試験の3種類です。

中でも難しいと言われるのが、実技試験と言われています。特に一級の実技試験となるとコンパスや三角定規を使用しながら、海図を読み込み、自分の船の位置を考えるといった高いレベルの技能が要求されるので、学習が非常に大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です