船舶免許はボート免許という呼び方もあり、エンジンが付いたボートやヨット、水上バイクなどを海で操縦するのに必要な免許です。このうちボート用の免許と水上バイク用のそれとは別々で、ボート用の免許で水上バイクには乗れないし、もちろん水上バイク用の免許で、ボートを操縦することも不可能です。さらにボート用の船舶免許には、外洋でボートを操縦できる1級と、沿岸のみでボートに乗ることができる2級とがあります。その他には、湖でのバスフィッシング専用の免許もあります。

ですから船舶免許を取る場合は、その中のどの免許を取るかを、まずはっきりさせるようにしましょう。どれを取るのかを決めたら、次は試験の準備です。試験は国家試験です。学科と実技と身体検査があり、1級は試験日前日までに17歳9か月以上、2級は同じく試験日前日までに、15歳9か月以上でないと受験できません。

それから既に他の免許を持っている場合、学科や実技の試験が免除になることもあります。身体検査は船舶を操縦するための視力と色覚に加え、聴力が検査の対象となっています。学科は独学でもできなくはありませんが、実技試験があって、実際にボートまたは水上バイクを動かすことになるため、スクールの講習を受ける人が多いです。その他に、国土交通省に登録された、登録小型船舶教習所の講習を受けることも可能です。

この場合は受講が終わると修了試験を受け、合格すると国家試験の学科と実技が免除されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です