船舶免許と聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか。大きな客船を動かすための免許と思う人もいるかも知れません。実はそうではなく、海などでエンジンがついたボートを運転したり、水上バイクを操縦したりするための免許が船舶免許なのです。そのためボート免許とも言われています。

もちろんボートを操縦すると言っても、それなりの知識が必要です。そのためまず講習を受け、その後試験を受けて取得することになります。この試験は国家試験で、学科試験と実技試験とに分かれています。試験の前には身体検査もあって、船舶を操縦するために必要な視力や聴力などを検査します。

講習はボートスクールなどで行われており、オンライン受講が可能な場合もあります。講習の日程や料金はスクールによって違います。またスクールではなく、登録小型選挙教習所での受講もできます。教習所では受講後に修了試験が行われており、合格すると国家試験を免除されます。

また学科試験は自分で勉強し、実技試験は講習を受けることもできます。それから船舶免許と一口に言っても、ボート用が2種類と水上バイク用とがあります。ボートの免許で水上バイクには乗れないし、もちろん水上バイクの免許を持っていても、それでボートを運転できるわけではありません。ですからどちらを取りたいのかを決めたうえで、それに合った講習を受けるようにしましょう。

またボートの免許は2種類あり、それぞれ運転できる海域が違っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です