船舶免許にはいろいろな種類がありますが、いったい何歳から取得することが出来るのでしょうか。水上バイク免許は15歳9か月、2級船舶免許は同じく15歳9か月、1級船舶免許は17歳9か月から取得することが可能です。免許を取得するときは、「「国家試験免除で船舶免許を取得できる国土交通省登録の小型船舶教習機関」で試験を受ける必要があります。海の知識、エンジンなどの知識をまったく持っていないという人でも、しっかりと教員が解りやすく教習してくれるところを探しましょう。

教習期間は、水上バイク免許が1.5日、2級が2日、1級は4日で取得することが可能です。ただし、これはあくまでも参考にしてほしい数値なので、もし試験に落ちてしまったときはもう一度チャレンジすることになります。海でボートを走らせてみたい、という人は気になる教習所をいくつかピックアップしてみると良いかもしれません。教習所によっては、教習後忘れない内に「学科検定・実技検定」を行うところもありますが、出来ればこちらの方がしっかりと知識を身に着けられるので選ぶと良いです。

免許取得の期間ですが、2級で「第二号限定」の場合は16歳で免許取得が可能です。ただし、5海里以内・水上バイクを除く総トン数5トン以下の船に限定されるといいます。ほかにも、2級で「第一号限定」の場合も16歳で免許取得が可能ですが、湖川・一部の海域で水上バイクを除く総トン数5トン以下、機関の出力15キロワット未満に限られるということです。船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です