教習所に通って免許を取得するというのは、なんといっても時間のかかる作業です。自動車の普通運転免許を取ったことのある人ならば、何日間も教習所に通って運転の練習をした記憶があることでしょう。船舶免許を取る場合にも、やはり同じような作業が必要になるのでしょうか。学生の内などならば時間も取りやすいですが、社会人の場合は土日の休みの時くらいしか技能教習も受けに行けず、大変な時間がかかってしまうのではないかと不安も出てきます。

実際には船舶免許には自動車ほど長い講習は必要とならず、場合によっては一回か二回実技の講習を受ければ免許取得が実現するのが実情です。それでも、やはり四日間くらいは技能講習や学科講習などを集中して受ける必要は出ます。たとえ二日や三日でもずっと徹底して教習を受けるというのは、人によってはとても難しいことになるでしょう。家から遠い場所に教習所がある場合は、連日通うのも大変なことです。

教習所によってはそんな問題にも対処できるよう、オンライン受講コースが設けられているところもあります。学科試験としての必要な講習は送られてくるテキストをこなすだけでいいので、仕事の合間などに時間を見つけてそれを勉強し、送り返すだけで十分です。そうやって学科講習をこなせば、その点でのカリキュラムはこなしたことになり、後に国家試験を受けに行く必要もなくなります。あとは時間が出来た時に技能講習を対面で受ければ、修了審査を経て船舶免許が取得できるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です