船舶免許は船舶を操縦することになる水面の範囲や、船舶そのものの種類によって、いくつかの分類があります。なかでも手軽で使用頻度も高い小型船舶免許については、モーターボートや水上バイクなどを運航する上では取得が不可欠ですので、全国的にも人気が高くなっています。こうした小型船舶免許を取得するには、独学で勉強して国家試験を受験し合格を目指す方法がありますが、そのほかにも船舶免許教習所に通学して所定のカリキュラムを受講する方法もあります。独学ではわからない点を質問したり理解をさらに深めたりすることが難しいわけですが、教習所であればいくらでも教官からのアドバイスを受けることができますし、施設も充実しているので不安はありません。

教習所に通学することにはそれ以外にもいくつかのメリットがあります。もっとも大きなものとしては国家試験が免除されることが挙げられます。独学であればかならず国家試験というハードルをくぐり抜けなければならず、不合格になった場合には再受験料が必要となります。この再受験料は学科試験と実技試験の両方がありますので、どちらも不合格となってしまった場合には、それだけでも数万円の支出超過となってしまいます。

教習所であれば追加で費用がかかるおそれはなく、再試験を受けることが可能です。また教習所での試験は教習のカリキュラムが終了した段階ですぐに受けることができますので、学習したことを覚えている間に試験に臨むことができ、合格の見込みも高いといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です