充実したマリンライフを楽しむために必要なのが小型船舶免許です。1級船舶免許、2級船舶免許、特殊小型船舶免許の3種類があり、大きな違いは操船場所や陸岸からの距離が違うことです。また特殊小型船舶免許で操船できるのは水上バイクだけと決まっており、他の2種類の免許で兼用することはできないです。小型船舶免許を取得するときは、免許スクールに通う、国土交通省に登録されている小型船舶教習所に入校する、独学で取得するの3種類の方法があります。

スクールに通う、小型船舶教習所で勉強する場合はいずれも学科講習と実技講習を受講し、国家試験を受験する方法です。独学で勉強して国家試験を受ける方法ですが、学科は自分でも勉強できますが実技は専門家から指導を受ける環境が必要なことから専門の設備をもつところで学ぶ方が効率的だといえます。免許取得までの流れですが、まず取得する船舶免許の種類を決め、民間のスクールもしくは小型船舶教習所に入校して学科講習と実技講習を受けます。学科講習は操縦するときの心構えと遵守事項、交通の方法や運航に関することを学び、実技講習は実際にボートに乗って操船技術や点検方法、コンパスの使い方などを教わります。

所定の講習を修了したらいよいよ国家試験です。内容は身体検査と学科試験、実技試験ですが、身体検査に合格した場合に限り次の学科試験を受けることができます。それぞれの試験に合格したら操縦試験合格証明書が発行されるので、申請に必要な書類を揃えて合格後1年以内に最寄りの運輸局などに免許を申請します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です