小型船舶免許とは、正式には「小型船舶操縦士免許」と言って船の操船に関する国家資格の事を言います。24m未満で大型バス2台分程あるプレジャーボートの操船に関する免許である1級と2級、後は水上バイク関連の特殊船舶免許と湖川限定の2級免許があると思って下さい。車やバイクの場合は、排気量や大きさ等で区分分けされていましたが、小型船舶免許に関しては岸からの距離が免許の区分け根拠となります。例えば1級小型船舶免許でしたら、全海域許可で2級は岸から5海里、そして特殊船舶は2海里まででカウントされます。

ただし、海の場合は遭難対策や操船の難度も考慮の必要があり、1級も縛りが全くないわけではありません。100海里を超えた航海の場合は、エンジン故障対策が出来る機関士を置かなければいけない等の制約等もあり、そういった関係から職業関連以外では、海の一般免許と言われる2級を受験する事が多いです。他にも、車と混同しやすい点で水上バイクを原付と同じ様に考える人も無いではありませんが、これを操船する場合は別個で特殊船舶免許が要ります。1級や2級を持っていれば、OKであるというのは間違いなのでそこは誤解が無い様に注意したい所です。

免許習得法に関しては、基本的に車の運転免許の時と大差はありません。1級は18歳で2級は16歳になれば、後は教習所で訓練を受けて最後に試験にパスすれば、そのまま免許を交付してもらえます。教習所次第で速成コースであったり、実技試験免除等の特典がある事も少なく無いので、そこはしっかり調べておく事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です