小型船舶免許は、20トン以下の船、もしくは水上オートバイなどに乗ることができる免許です。20トン以下の船を操船したい場合には、一級小型船舶操縦士免許、もしくは二級小型船舶操縦士免許を取得しておかなくてなりません。水上オートバイを操船する場合には、特殊小型船舶操縦士免許が必要です。これらの小型船舶免許を取りたいと思っている方は、まずは自分が受験資格を満たしているかどうかを調べてみるとよいでしょう。

特殊小型船舶操縦士免許や特殊小型船舶操縦士免許の受験可能年齢は、満15歳9か月です。一級小型船舶操縦士免許の場合は、満17歳9か月となります。小型船舶免許の国家試験が行なわれる前日まで、これらの年齢に達しておくことが必須条件となります。ちなみに、国家試験に合格しても、実際に免許を受け取ることができるのは、満18歳もしくは満16歳からとなっています。

満18歳を迎えるまでは、操船可能な船舶の大きさが5トン未満までに限定されてしまうということを頭に入れておいてください。小型船舶免許に興味を持っている方は、ボートの教習所で講習を受けてみるとよいでしょう。教習所の中には、国家試験と同じ会場で講習を行っているところも少なくありません。そのような教習所を選んでおけば、試験当日に緊張することなく、国家試験の合格が狙いやすくなるはずです。

全国各地にボートの教習所がありますので、通いやすいところを選んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です