最短〇日で取得可能などと聞いて、小型船舶免許の取得を目指す方も多くいます。ですが最短〇日と書かれている場合の多くは、連続する日数ではなく、実際に講習を受ける場合の日数を考慮した数字だという点を忘れないようにしましょう。基本的に免許スクールや教習所を利用するとしても、講習が行われているのは土日のみというケースが多くなっています。土日のみの対応となっている場合だと、実際に最初の講習を受けてから小型船舶免許を取得するまでに1ヵ月近くかかるケースがほとんどです。

最短〇日などの文章だけではなく、具体的にどのくらいの期間が必要になるのかよく確認してから免許スクールや教習所の申し込みをしましょう。また免許の取得を目指すために学科や実技の講習を受けたいという場合に注意が必要となるのが、実技の場合は予約が取りにくい場合もあるという点です。学科は人数制限もなく受講できたとしても、実技講習は1度に受講できる人数に限りがあるため、予約がすぐに埋まってしまいます。特に土日だけで受講しようと考えている場合だと、小型船舶免許のための実技の予約がなかなか取れずに、講習が終わるまでに数ヵ月かかる方もいます。

そして実技講習が終わった後も、国家試験の受験日を抑えることが必要です。実際に免許の取得を目指す場合、最初に具体的なスケジュールを考えていくこともポイントの1つです。下調べをしっかりと行って計画を立てることで、無理のないスケジュールで免許の取得を目指すことにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です