自分で船を操縦してみたい、と思ったことはありませんか。小型船舶免許を取得すれば、自分で操縦することが可能となります。しかし実際に免許を取得するには、どんな勉強が必要で、どこに行けばいいのかさっぱり分からないという人も多いでしょう。まずは、取得を目指す船舶免許の種類を決定しなければなりません。

小型船舶免許には複数種類がありますが、中でも一般的なのが2級小型船舶免許です。この資格は、海岸から約9キロメートルまでの範囲で操縦することが可能となる船長免許です。釣りやモーターボートなどのレジャーを楽しみたい、と考えている人には欠かせない免許であると言えるでしょう。水上バイクやジェットスキーを操縦することはできませんので、注意が必要です。

独学で学科の勉強をするという方法もありますが、よりスムーズに合格するためには、講習を受けることをおすすめします。近くの教習所を探して講習日程や試験日程を確認してみましょう。申し込みが終了したら、学科講習と実技講習を受講します。ちなみに学科講習は、テキストを購入して独学でクリアすることができますが、実技講習は船や場所が必要となるため独学では難しいと言われています。

講習が終了したら、国家試験又は修了試験を受けなければなりません。身体検査や学科試験、実技試験の全てに合格した人のみ総合合格とみなされ、操縦試験合格証明書が発行されます。この証明書と必要となる書類などを揃えて、国土交通省の運輸局などに小型船舶免許の申請を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です