小型船舶免許の正式名称は、小型船舶操縦士免許と言い国家資格です。国家試験を受ける必要があり、身体検査と学科試験・実技試験があります。独学で直接試験を受けることができますが、実技試験もあるため実際にはボートなどの操縦経験がないと難しいでしょう。経験があれば最短で免許が取得できる方法です。

小型船舶免許を取得するための学習機関は2種類あります。一般企業が行っているボートスクールと、国土交通省に登録している登録小型船舶教習所です。登録小型船舶教習所で学んだ場合には自動車の免許を取得する場合と同じように、教習の最後に行う学科と実技の修了試験に合格することで国家試験の学科と実技が免除されます。教習所では、学科の教習時間が法律で決められています。

実技の修了試験を教習と同じ場所で、同じボートを使って行えるのがメリットです。教習の終了後、感覚を忘れないうちに実技試験を受けられる点も有利と言えます。ボートスクールは、小型船舶免許の国家試験を受験するために学ぶ機関です。コースの内容や料金、日数はスクールによって異なります。

コースによっては学科試験の受験のみで、実技講習後に修了審査を受けて実技試験が免除されるものもあります。学科試験は「小型船舶の航行の安全に関する教則」の範囲から出題されるので、学科を独学で受験したい場合は実技のみの講習を受けることも可能です。その場合は、受験のための学習コストを抑えられます。小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です