海や湖を滑走することができる船を操縦するためには、専門知識が必要なので国家資格の免許が必須です。その免許のことを船舶免許というのですが、この船舶免許には3級から1級が存在し、最初に取得することになるのが3級の小型船舶免許です。この3級の小型船舶免許にもそれぞれ区分けされており、最初に取得するレベルが特殊船舶免許です。この特殊船舶免許は水上オートバイもしくはジェットスキーを活用する際に利用する免許であり、ボートなどを動かすことはできないですが取得をしておくことで次の免許における学科試験を免除できます。

そして本格的な船の操縦することになるのが、次の2級小型船舶免許です。この2級の範囲というのは、川や湖を走らせる小型ボートから総トン数20トン未満及び長さ24m未満の船舶を運用することができます。この資格を有しておくことができれば、川と湖そして海でのレジャーを距離にして9kmまでの範囲を移動することができるのでレジャーを楽しむことに活用することができるのです。基本的には2級までであれば趣味の範囲で楽しめるわけですが、もし10キロメートル以上の海域そしてお客を招いて操業することを目的にするのであれば1級取得を目指す必要があります。

これらの資格を有するためには、全国にある専門学校に通って実技試験と学科試験を合格することで取得することが可能です。この小型船舶免許を取得することができれば、世界各国の海を走行することができるので楽しみ方が無限大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です