仕事で操縦するわけでもないのに、小型船舶免許を取得するのは時間とお金の無駄になるというイメージを持っている方も多くいあるかもしれません。ですが趣味をさらに楽しむためという目的だけであったとしても、十分に取得するメリットを感じられる方も多くいます。海が好きなら、海上で水上ボートの操縦を楽しむなどの形で、自分の世界を広げるチャンスを免許取得を通して得るのも1つの手です。そして小型船舶免許の取得には、趣味の充実のほかに海の知識を得られるというメリットも存在しています。

実際に免許を取得するためには、実技だけではなく学科の勉強のも必要です。学科の勉強では、エンジンの取り扱い方法に加えて、海上の交通ルールなどさまざまな知識が得られます。海についての基礎知識や海図の読み方などを学んでいくことで、海上の仕事や釣りなど幅広い場面で役立てることが可能です。そして小型船舶免許は、公的証明書としても利用できます。

運転免許証を持っているから問題ないと考えている方もいるかもしれませんが、運転免許証は18歳以上しか取得できません。一方で特別もしくは二級の船舶免許の場合には、16歳以上で取得が可能です。つまり16歳以上18歳以上の方は公的証明書が必要という場面で、役立つ免許となっています。実際に小型船舶免許が役立つ職場も多いので、趣味だけで取得するか迷っているなら、免許が役立つ仕事への転職も含めて検討してみるのも1つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です