海を心から愛して小型船舶免許を取りたいと思っている方は、少なくないのではないでしょうか。例えば個人で楽しむマリンスポーツや仕事として旅客輸送を行う場合などには、必ず小型船舶免許が必要です。しかし免許を取るにはどうしたら良いのだろうかとか、お金も時間も掛かるのではないかと取得以前に尻込みしてしまうこともあるかもしれません。けれど海を愛する方であれば、その程度のことで挫けないで免許の取得を目指しましょう。

小型船舶免許には、3種類の区分があります。水上オートバイだけを操縦できるもの、総トン数20トン未満または特定の条件を満たす全長24m未満の船舶の操縦で航行区域によって分かれている一級と二級です。一般的にマリンスポーツを楽しむのであれば、特殊小型船舶と呼ばれる水上オートバイか二級の免許を持っていれば十分です。しかもこの2つの免許は満15歳9か月より受験が可能で、満16歳以上であれば取得できます。

つまり二級以下の小型船舶操縦士免許は自動車免許を取得するよりも年齢制限が低く、その上日数も掛からなくて費用もリーズナブルです。そこで大好きなマリンスポーツを思う存分満喫するなら、最寄りの信頼できるボート教室に参加してみてはいかがでしょう。今は対面講習以外にもオンライン講習などもありますから、自分の自由になる時間に合わせて講習コースを選ぶことも可能です。思い立ったが吉日と、憧れの小型船舶免許にチャレンジしてみませんか。

小型船舶免許のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です