ファクタリングでリスクを回避しつつ資金調達

subpage01

商品やサービスの取引を行っているほとんどの企業等では、売掛金というものが日常的に発生します。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

売掛金とは商品等の売買が成立してから代金が支払われるまでの間、その代金が未収となっている状態を指す言葉で、売り手側にとっては債権となります。つまり利益が発生していながらそれに相当するキャッシュが手許にない状態ですから、当然ながらそれを他の支払いなどに使うことはできません。



ところが、この売掛金を支払期日の到来前に現金化できる手段も存在します。
資金繰りに悩む経営者等にとっては非常に便利なこのシステムは、ファクタリングと呼ばれています。

ファクタリングとは、売掛金を受け取る権利を第三者に売却し、対価として現金を得ることを言います。

つまり、有償で債権を譲渡するわけです。


買い取るのはファクタリング専門の事業者で、債権の価額と実際の買取額との差額が事業者の収入となります。


売り手にとって、ファクタリングは2つのメリットがあります。

まずは売掛債権という、多くの企業等が保有している権利を活用した資金調達手段であるため、不動産等の担保物件を持たないために金融機関の融資が受けにくい企業等でも利用できるということです。



また、売掛金が不良債権化することから逃れられるというメリットもあります。というのも、債権をファクタリング会社に譲渡した時点で、その後の回収や取り立て等の業務はすべてその買い取った事業者側に引き継がれるからです。