ファクタリングをお考えの方は手数料にも注目を

subpage01

ファクタリングを利用する際に必要となる手数料は取り扱う会社によって異なりますが、回収リスクを考慮してその設定が決められています。

安全な債券(国などの公共機関や上場企業、大企業など)の場合は、売掛金を回収できないという可能性は限りなく低いため、売掛金が複数あるケースに置いては上記のような安全性の高い債権を譲渡対象とすることで、買い取り率を高めることもできます。

手数料は一律に決められるものではなく、交渉によって決定することもできますので、ファクタリング会社から提示された契約の条件をそのまま受け入れて合意をすることをせず、時間のある限りじっくりと交渉を行うこともおすすめします。

また手数料という観点では、複数回の取引がある場合など、審査の迅速化や簡素化など時間的な部分も含めて大幅なコストの削減につなげることも可能です。

えんナビ アクセルファクター 

そのような観点からも、長期的な視野に立ってファクタリング会社を選択していくということを考慮していかなければならないでしょう。



中小企業のキャッシュフローを適正化し、経営安定化に大きく寄与することになるファクタリングは、利用する会社をしっかりと見極めていくことで、2回目以降の利用に関してより有利な条件で利用していくこともできるようになります。
良好なファーストコンタクトが、企業の先行きを左右するという可能性もあることを考慮し、選択することが必要となります。
情報を集約したサイト等を利用して、適正なファクタリングの利用を推進していくことがおすすめです。



ファクタリングをもっと知る

subpage02

商品やサービスの取引を行っているほとんどの企業等では、売掛金というものが日常的に発生します。売掛金とは商品等の売買が成立してから代金が支払われるまでの間、その代金が未収となっている状態を指す言葉で、売り手側にとっては債権となります。...

NEXT

ファクタリングの学びたい知識

subpage03

銀行融資を受けられないときは、キャッシングで事業資金を調達するという人が目立ちます。キャッシングは用途不問で借りられるローンであり、審査のハードルはそれほど高くはありません。...

NEXT

ファクタリングの予備知識

subpage04

ファクタリングの魅力はその入金スピードにあり、銀行融資が間に合わないときに役立ちます。一般的にファクタリングを利用する状況として多いのはローンを利用できないときですが、ローンを利用できる状況であっても申し込みするケースはあります。...

NEXT

1から学ぶファクタリング

subpage04

ファクタリングの歴史は古く、20世紀初頭の米国ではすでに一般的な資金調達方法と認知されており、専門の会社も多く存在していました。日本国内では金融に関する業務は銀行からの融資が主流である時代が長く続き、売掛金の現金化という極めて即時性の高い資金調達方法であるにもかかわらず、ファクタリングが一般化していませんでしたが、2000年代に入り状況が大きく変わりました。...

NEXT